スポンサードリンク

うつ伏せが便秘解消に効果的!

うつ伏せ先日、ビートたけしが出演している「みんなの家庭の医学」という番組で、便秘解消にはうつ伏せになるのがいい、という趣旨の放送をしていました。

 

うつ伏せになるだけで、便秘が解消できるのなら、こんなにいい話はありませんよね。

 

この番組での要旨を、まとめてみたいと思います。

 

「うつ伏せ」で腸が若返る

このうつ伏せによる便秘解消法ですが、うつ伏せで便秘が解消されるというよりは、うつ伏せによって腸が若返るため、結果として便秘が解消される、という位置づけです。

 

この番組での、腸の若返りへのポイントは2つありました。

 

1日10分間うつ伏せになる

方法はいたって簡単で、1日最低10分間うつ伏せになり、その際に、5回以上ゴロゴロと寝返りをうち、お腹をマッサージするだけです。

 

10分間、ゴロゴロ動くだけならば、毎日でもできそうですね。

 

この方法で、小腸をマッサージすることができるということです。

 

大腸と違って、小腸はくねくね折り曲がっているため、通常の方法ではなかなかマッサージがしづらいとのことでした。

 

ですが、この方法ですと、小腸を満遍なく押して刺激することができるのだそうです。

 

小腸をマッサージすることによって、小腸の動きが活発になり、それが大腸の動きを活性化し、正常な便通につながるということです。

 

このことによって、腸にガスなどの毒素を溜めないようにすることができ、腸の老化を防ぐことになります。

 

1日1回、食事の間隔を8時間以上空ける

ポイントのもう一つは、1日に1回は食事の間隔を8時間以上空ける、ということです。

 

これは、小腸は、食事をした後8時間経ってから活発に動き始める、という理由によります。

 

この間隔が8時間未満ですと、小腸が動き出す前に次の食べ物が入ってきてしまい、そこからまた8時間経たないと動き出さないため、ずっと小腸が動かないままになってしまいます。

 

そうすると、食べ物が小腸にとどまったままになり、ガスなどの毒素が溜まってしまい、腸の老化につながってしまうのです。

 

一見すると、少し難しいことのようにも思えますが、よく考えればさほどのことでもないような気がします。

 

というのも、例えば夜の9時までに夕食を終えれば、8時間後というと、翌朝の5時です。

 

これならば、普通であれば、朝食までに8時間は空くことになるでしょう。

 

また、単純に考えると、1日24時間で3食摂るとすれば、3等分すると8時間の間隔が空くわけですから、間食さえしなければ、必ず1回は8時間以上空くはずです。

 

これらのことから考えても、こちらもあまり考えることなく実行できそうですね。

 


 

番組内でも紹介されていましたが、実際に実践された方には、効果があったようです。

 

これだけで、完全に便秘が解消するかどうかは分かりませんが、食生活や生活習慣の見直しと並行して行えば、効果は出てくる可能性は高そうですね。

 

これまでの便秘解消法で、あまり効き目がなかったならば、一度試してみる価値はありそうです。

 

うつ伏せで体の外側から+「コチラ」で体の内側からスッキリ! ⇒

 

 

 

スポンサードリンク