スポンサードリンク

冷え性が原因である場合の便秘の解消法

冷え2前の記事で、便秘と冷え性の関係と、冷え性が便秘につながる原因について、お話しました。

    [前の記事]  冷え性と便秘の関係~冷え性が便秘につながる原因~

 

今回は、冷え性が原因となっている便秘の場合の解消法について、お話していきます。

 

冷え性が原因の便秘の際の注意点

冷え性が原因になっている便秘の場合、一般的に便秘に効果があると言われているものが、逆効果になってしまうことがあります。

 

例えば、

  • 腸を刺激するために、朝起きたら、冷たい水や牛乳を一杯飲みましょう

というものがあります。

 

通常であればその通りなのですが、冷え性による便秘の場合は逆効果です。

 

冷たい飲み物は、腸を冷やすことになってしまうからです。

 

また、

  • 食物繊維を摂るために、野菜を食べましょう

というものもありますね。

 

このこと自体は正しいのですが、野菜をたくさん摂ろうとして、毎日冷たいサラダをたくさん食べてしまうと、やはり逆効果になります。

 

これも、腸を冷やすことにつながってしまうからです。

 

このように、冷え性が原因の便秘の際には、体や腸を冷やしてしまうことは避けなければなりません。

 

よく言われている解消法が仇になってしまうことがありますから、注意するようにしましょう。

 

冷え性が原因の便秘の解消法

冷え性が原因の便秘の場合、便秘の解消法とともに、冷え性も改善させることが必要になります。

 

逆に言えば、冷え性の解消法が、そのまま便秘の解消法にもなるのです。

 

体を温める

冷え性への対策としては、とにかく「体を芯から温めること」が基本になります。

 

体が温まると、血行がよくなり、腸の動きも活発になっていきます。

 

腹巻きやレッグウォーマー、靴下などを使って、冷えやすい部分を温めるようにしましょう。

 

また、入浴することも体を温める上では、大変効果があります。

    [参考記事] 便秘解消には、お風呂が効く!

 

水分補給は温かい飲み物を

便秘解消には、水分補給は欠かせません。

 

この際には、温かい飲み物を摂るように心がけると、冷え性にも効果があります。

 

オススメなのが、生姜入りの飲み物です。

 

最近は、生姜紅茶など、生姜入りの飲み物がいろいろとありますので、活用してみてはいかがでしょうか?

 

また、朝一番で水分を摂る際にも、温かい飲み物を飲むようにしましょう。

 

食物繊維も温かい食事で

食物繊維も、便秘解消にはなくてはならないものです。

 

食物繊維を摂る際も、できるだけ温かい食事で摂るようにすると、冷え性にも効くので、一石二鳥です。

 

例えば、温野菜や野菜スープなどがオススメです。

 

生姜などの体を温める作用がある食べ物と一緒に摂ると、さらに効果が高まります。

 

運動も大切

運動は、便秘解消にも冷え性にも効果があります。

 

体を動かすことで、血行が良くなり体が温まりますし、腸の動きも良くなります。

 

また、筋肉量が増えることで、体が冷えにくくなりますし、腹筋が強くなれば排便もスムーズにできるようになります。

 

強い運動でなくても構いませんので、積極的に体を動かしてみましょう。

 

 

 

スポンサードリンク