スポンサードリンク

便秘に乳酸菌が効かない・・・こんな可能性が!

効かない「何で私の便秘には乳酸菌が効かないの?」という悩みの声を耳にすることがあります。

 

これだけ広く、乳酸菌は便秘に効く、と言われているのにどうしてなのでしょうか?

 

そんな場合には、以下のような可能性があるんです。

 

 

乳酸菌の種類が自分に合っていない

一口に「乳酸菌」と言いますが、その数はわかっているだけでも約350種類にのぼります。

 

そして、腸にいる乳酸菌もかなりの数の種類があり、しかもその構成は人によって異なります。

 

つまり、ふさわしい腸内環境はというのは、人それぞれなのです。

 

ですから、どの乳酸菌を摂ったら便秘に効果があるのかも、人によって違ってきます

 

ある人にとっては便秘に効果がある乳酸菌でも、別の人にはまったく効果がない、ということは、ごく普通にありうる話です。

 

では、自分に合った乳酸菌は、どうしたら見つかるのでしょうか?

 

残念ながら、簡単に調べる方法はありません。

 

いろいろな乳酸菌を摂って、どれが効くのかを確認していくしかないのです。

 

一般的に、便秘に対しての乳酸菌による効果は、2週間続ければはっきりすると言われています。

 

したがって、2週間ずつ違う乳酸菌を摂ってみて、一番自分に合った乳酸菌を探していくことになります。

 

何だかとても面倒くさい感じがしますが、それでもこれが一番手軽で簡単な方法です。

 

少し時間はかかるかもしれませんが、一度見つかれば一生ものですので、頑張って探し当てましょう!

 

きっと、自分に合った乳酸菌が見つかるはずですよ。

 

ちなみに、ヨーグルトを毎日食べていくというのがなかなか難しい場合には、乳酸菌サプリを使うという方法があります。

 

乳酸菌サプリならば、かなり手軽に乳酸菌を摂れますので、オススメです。

 

便秘の種類が違う

便秘にも種類があり、「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」の3つに分けられます。

 

乳酸菌が効くと言われているのは、このうちの「弛緩性便秘」です。

 

逆に言えば、「痙攣性便秘」と「直腸性便秘」の場合には、効果がないということです。

 

なお、「痙攣性便秘」と「直腸性便秘」の詳しい説明は、以下の記事をご覧ください。

 

このように、乳酸菌についての話だけではなく、いくら頑張って便秘を改善しようと努力していても、的外れになっていることもあり得るのです。

 

ですので、便秘の解消のためには、自分がどの種類の便秘なのかを知り、それに対しての適切な対処をすることが必要ですので、一度は病院で診察を受けてみることをお薦めします。

 

 

 

スポンサードリンク