スポンサードリンク

便秘薬・下剤は絶対に使ってはいけないか?

否定このブログでは、これまでも便秘薬・下剤について、否定的な記事を書いてきました。

 

では、便秘薬・下剤は絶対に使ってはいけないのでしょうか?

 

この点について、私の考えるところを述べてみたいと思います。

 

便秘薬・下剤の種類

その前に、話をわかりやすくするために、便秘薬・下剤の種類についてお話したいと思います。

 

便秘薬・下剤は、作用するメカニズムによって、「機械的下剤」「刺激性下剤」に分けることができます。

 

機械的下剤

機械的下剤とは、便自体を排出しやすい状態にしやすくする薬の総称です。

 

さらに細かい分類として、

  • 塩類下剤
  • 膨張性下剤
  • 浸潤性下剤

といったものが挙げられます。

 

これらは、薬の成分の作用を利用して、便に水分を含ませてやわらかくしたり、便を膨張させて腸に排出を促したりします。

 

体にはたらきかけるのではなく、便にはたらきかけるので、体には比較的やさしく、副作用もそれほどありません

 

刺激性下剤

刺激性下剤とは、腸を直接刺激し、排便を促す薬の総称です。

 

一般的に、便秘薬・下剤というと、こちらの薬を指します。

 

効き目はかなり高いですが、腸に刺激を与えて、無理に排便させることになりますので、体への負担は大きくなります。

 

このブログで問題にしている便秘薬・下剤は、こちらの方の薬です。

 

時には便秘薬・下剤も必要。でも…。

基本的には、刺激性下剤に分類される便秘薬・下剤を使うことはお勧めしません。

 

その理由は、その危険な副作用にあります。

    [参考記事] 便秘薬・下剤の乱用は、とても危険!~副作用のお話~

 

一方で、便秘で辛い思いをしているのに、それを我慢することは、体には決して良いことではありません。

 

また、その状態を放置することは、さらなる症状の悪化を招くことにもなります。

 

ですから、必要に応じて、適切に用いるのであれば、便秘薬・下剤の使用もやむをえないと考えます。

 

ですが、自己判断による、市販薬の服用については、やはり賛成するわけにはいきません。

 

便秘薬・下剤の服用については、必ず医師の診察を受け、処方を受けた薬を飲むべきです。

 

テレビでは、穏やかなイメージを醸し出している、便秘薬・下剤の市販薬のコマーシャルをよく見ます。

 

また、パッケージもかわいらしくデザインされていて、簡単に手にとってしまいそうなものも多いですよね。

 

しかし、このような印象に騙されてはいけません

 

便秘薬・下剤は、気をつけて用いないと大変危険な薬であることを、肝に銘じてください。

 

また、辛くなるくらいの便秘であれば、すでにかなり重篤な状態ですから、自力で解決しようとせずに、すみやかに医師の判断を仰ぐべきです。

 

決して、市販の便秘薬・下剤には、安易に手を出さないよう、心していただきたいと切に願います。

 

 

 

スポンサードリンク