スポンサードリンク

オレイン酸は便秘解消に効果的!

オリーブオイル「オレイン酸」というものをご存知ですか?

 

脂分の一種なのですが、これが便秘解消に高い効果を持っているんです。

 

このオレイン酸は、どのように便秘解消に役立つのでしょうか?

 

オレイン酸を多く含む食べ物

まずは、オレイン酸を多く含む食べ物をご紹介しましょう。

 

代表的なものとしては、

  • オリーブオイル
  • 紅花油
  • ひまわり油
  • アーモンド
  • ピーナッツ

などが挙げられます。

 

なかでも特筆すべきは、「オリーブオイル」です。

 

オリーブオイルのオレイン酸は、オリーブオイル含まれる脂肪酸のうちの、約70~80%を占めています。

 

オリーブオイルが便秘に効果があると言われるのは、このことに依ります。

 

オレイン酸が便秘に効くしくみ

大腸を刺激する

オレイン酸は、小腸で消化されにくい性質を持っています。

 

ですから、そのまま大腸まで届くことができます。

 

そして、大腸まで届いたオレイン酸は、大腸を刺激し、大腸のはたらきを活性化させます。

 

このようにして、大腸が活発にはたらくことで、便が先へ先へと動いていくようになるため、排便を促すことになるのです。

 

便を柔らかくする

オレイン酸には、高い乳化作用(界面活性化作用)があります。

 

このため、オレイン酸は、石鹸やシャンプーの原料としても使われています。

 

この作用が、大腸においては、便を柔らかくする作用としてはたらきます。

 

柔らかい便ならば、大腸の中でも動きやすいため、便秘の解消につながっていくのです。

 

腸壁の潤滑油になる

先程も書いたように、オレイン酸はそのまま大腸まで届きます。

 

ですから、脂分としての性質も持ったままです。

 

この性質が、腸壁の滑りをよくする「潤滑油」の役割をします。

 

滑りが良くなることで、便が大腸をスムーズに動くようになり、便の停滞を防いでくれるのです。

 

オレイン酸の便秘解消以外への効果

オレイン酸は、便秘解消に効果があるだけではありません。

 

その他にも、健康に貢献してくれる、さまざまな効果を持っています。

 

コレステロールへのはたらき

オレイン酸の健康への効果のうち、最も知られているのが、コレステロールへのはたらきです。

 

オレイン酸は、善玉コレステロールを減らすことなく、悪玉コレステロールを減らしてくれます。

 

このため、悪玉コレステロールが原因となる動脈硬化や心臓病などを予防してくれるのです。

 

酸化しにくい性質

オレイン酸は、酸化しにくい性質を持っています。

 

酸化してしまった脂質は、DNAを傷つけ、発がんなどを引き起こしますが、オレイン酸はこのようなことを予防してくれます。

 

また、動脈硬化にともなう心筋梗塞・脳梗塞などの予防にも役立ちます。

 

胃酸の分泌が少なくて済む

オレイン酸は、胃での滞在時間が短いため、胃酸を余分に分泌させないで済みます

 

ですから、胃酸過多やそれに伴う胃潰瘍・十二指腸潰瘍などを予防する効果があるのです。

 

 

 

スポンサードリンク