スポンサードリンク

便秘解消のための食べ物特集~プルーン~

プルーンプルーンは、便秘によく効く食べ物として知られています。

 

「プルーンを食べたら、頑固な便秘にも効いた」と話す人もいるくらいです。

 

また、便秘だけでなく、他にもさまざまな効能を持っていて、健康全般に対して効果的な食べ物という印象もありますね。

 

では、プルーンは、体にどのようにはたらくのでしょうか?

 

また、食べる際の注意点などはあるのでしょうか?

 

プルーンの便秘に対する効能

食物繊維による効能

プルーンには、食物繊維が豊富に含まれています。

 

しかも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を、バランスよく含んでいます

 

特徴的なのは、ペクチンという水溶性食物繊維を多く含んでいることです。

 

この食物繊維が、便秘の解消にとても役立ってくれるのです。

 

食物繊維の便秘への詳しい効果は、こちらの記事(便秘解消に重要な食物繊維。実は2つの種類が!~水溶性と不溶性~)をご覧になってください。

 

ちなみに、乾燥させたプルーンは、生のプルーンに比べて、食物繊維を約5倍も多く含むことが分かっています。

 

ソルビトールによる効能

さらに、プルーンが便秘に効く要因として、ソルビトールを含んでいることが挙げられます。

 

ソルビトールは甘味料の一種で、カロリーが低いため、ガムや飴などにも用いられています。

 

ソルビトールは、胃や小腸ではで吸収されにくい性質を持っており、そのまま大腸に到達することができます。

 

そして、大腸において、水分の吸収を抑えてくれるため、便が固くなるのを防ぎ、排出しやすい便を作ってくれるのです。

 

また、ソルビトールは、大腸においても吸収が遅いため、吸収されずに残ることが多くなります。

 

この残ったソルビトールが発酵する際に、二酸化炭素が発生し、これが腸を刺激します。

 

結果として、腸の活動を活発にし、便が排出されやすい環境にしてくれるのです。

 

プルーンの便秘以外に対する効能

プルーンには、便秘以外にも体に良い効能を持っています。

 

まず挙げられるのが、抗酸化作用です。

 

アメリカ農務省の発表によれば、一般的に親しまれている野菜・果物の中で、プルーンの抗酸化力は最大の数値を示したとのことです。

 

この強力な抗酸化作用により、アンチエイジングや美肌など、さまざまな面で効果を発揮します。

 

さらには、鉄分も豊富に含んでおり、貧血などにも効果的です。

 

プルーンを摂る際の注意点

このように、体にはいいことずくめのプルーンですので、たくさん食べたいところですよね。

 

しかし、ここに注意点があります。

 

先にご説明した「ソルビトール」が問題になるのです。

 

実は、ソルビトールにはお腹を緩くする作用があるため、多く摂り過ぎると下痢をしてしまう恐れがあります。

 

ですので、一度に大量に食べることは控え、様子を見ながら少しずつ摂っていくのが安心でしょう。

 

 

 

スポンサードリンク