スポンサードリンク

便秘解消のための食べ物特集~オールブラン~

オールブラン今回は、ケロッグ社の「オールブラン」を取り上げてみたいと思います。

 

このオールブランですが、いわゆる「トクホ」に指定されていますので、健康効果は大いに期待できそうです。

 

では、便秘にはどのようにして効いていくのでしょうか?

 

「ブラン」とは

「オールブラン」は商品名ですが、「ブラン」という言葉には、ちゃんと意味があります。

 

ブランとは、小麦の外皮の部分のことを指します。

 

お米で言うと、「米ぬか」に当たる部分です。

 

「小麦ふすま」と呼ばれることもあります。

 

小麦粉は、この部分を取り除いて製粉していますので、通常では含まれていません。

 

オールブランは、この部分を主な原料として製造されているのです。

 

オールブランは食物繊維が豊富

ブランは、食物繊維が豊富です。

 

ですから、ブランを主原料としているオールブランも、当然ながら食物繊維が豊富に含まれています

 

最もオーソドックスな「オールブラン オリジナル」ですと、1食40gあたりの食物繊維量は12.9gもあります。

 

1日の食物繊維の目標摂取量は、女性ですと17gですから、これ1食で70%以上がまかなえてしまうわけです。

 

ちなみに、もう1つのトクホ商品である「オールブラン ブランフレーク・プレーン」ですと、1食60gあたりの食物繊維量は5.6gです。

 

こちらの「オールブラン ブランフレーク・プレーン」は、おいしく食べられるように、砂糖なども使っています。

 

どちらを選ぶかは好みにもよりますが、食物繊維の量を考えるのであれば、やはり「オールブラン オリジナル」をオススメします。

 

オールブランの欠点

ただし、オールブランには欠点もあります

 

まず1つは、オールブランの食物繊維は、「不溶性食物繊維」であることです。

(不溶性食物繊維の詳しい説明は、こちらの記事(便秘解消に重要な食物繊維。実は2つの種類が!~水溶性と不溶性~)をご参照ください。)

 

もちろん、不溶性食物繊維も食物繊維ですので、便秘には良い効果を及ぼすのですが、もう1種類の「水溶性食物繊維」とのバランスも大事なのです。

 

また、不溶性食物繊維を摂る際には、適当な量の水分を一緒に摂らないと、便が固くなってしまい、便が詰まりやすくなります

 

さらに、ひどい便秘の際に、不溶性食物繊維を大量に摂ってしまうと、さらに便秘が悪化してしまうこともあります。

 

なので、食べる際には、食べ合わせや便秘の状況を踏まえてからにするよう、注意が必要です。

 

もう1つの欠点は、これは個人的な意見も入りますが、「あまり美味しくない」ということです。

 

特に、「オールブラン オリジナル」は、独特の風味がするために、苦手な人も多いようです。

 

その際には、先にお話した「オールブラン ブランフレーク・プレーン」を利用するのも、一つの手かもしれません。

 

また、ケロッグ社のホームページに、おすすめレシピ(外部リンク)が公開されていますので、そちらを参考にされてもいいでしょう。

 

オールブランにこちらを加えれば、効果は倍増!? ⇒ 

 

 

スポンサードリンク