スポンサードリンク

便秘の末路・・・恐い糞便性イレウスとは?

八方ふさがり「糞便性イレウス」というものをご存知でしょうか?

 

これは、便秘と深い関わりがある病気です。

 

今回は、「糞便性イレウス」の原因や症状、そしてその危険性について、お話していくことにしましょう。

 

 

糞便性イレウスは腸閉塞の一種

「イレウス」とは、「腸閉塞」のことです。

 

ですから、「糞便性イレウス」というのは、「便によって腸閉塞が起こった状態」ということになります。

 

通常、腸閉塞というと、腸の病気に伴うデキモノや癒着によって腸が詰まってしまったり、腸捻転などによって便が通らなくなってしまうことを想像するかと思います。

 

しかし、糞便性イレウスは、このようなことが原因ではなく、便秘が原因となって、溜まった便が腸を塞いでしまうことによって起こります。

 

ひどい便秘を長く放置すると、便に含まれる水分はどんどん腸に吸収され、固い便となります。

 

便が固くなると、排便が困難になっていき、さらに便が溜まっていきます。

 

このようなことが繰り返され、完全に腸が詰まってしまった状態が、糞便性イレウスなのです。

 

いわば、「便秘の末期症状」と言えるでしょう。

 

糞便性イレウスの症状

糞便性イレウスは、便秘の進行とともに徐々に進んでいきますので、当初は急激な症状は出てきません

 

腹部の膨満感や食欲不振といった、ゆるやかな症状から始まります。

 

このような症状は、通常の便秘でも出てくる症状ですので、そのままにしてしまうことがあります。

 

この状態を放っておくと、状況はどんどん悪化していきます。

 

そして、最終的には、激しい腹痛や嘔吐などの、激しい症状が出てきます。

 

こうなると、糞便性イレウスになってしまっている可能性が高くなっています。

 

糞便性イレウスの危険性

残念ながら、糞便性イレウスの自覚症状が出てきてしまった時点では、状態は相当悪化していますので、これを自分で治すには、すでに手遅れの状態です。

 

よくある便秘の解消法などを用いても、状況が良くなることはありません。

 

かといって、さらに放っておくと、腸に溜まった毒素が血液の中に入っていき、「敗血症」になる可能性もあります。

 

また、このような状態にも関わらず、自己判断で下剤を服用することは、さらに危険です。

 

完全に腸が詰まっている状態で、薬で無理やり腸を動かして便を送っても、さらに便が溜まるだけですので、状況はより悪化するばかりです。

 

下手をすると、最悪のケースでは、腸が破裂してしまい生死に関わるなど、取り返しのつかないことになりかねません。

 

ですから、このような状況になったら、自力で何とかしようとはせずに、すぐに、病院で診察を受け、適切な処置をしてもらいましょう。

 

糞便性イレウスになる前に、便秘解消にコチラを一度試してみてはいかがでしょう? ⇒

 

 

 

スポンサードリンク