スポンサードリンク

乳酸菌革命に配合の3大乳酸菌について調べてみました!

乳酸菌革命「乳酸菌革命」には、以下の6つの話題の乳酸菌が配合されています。

  • ラクトバチルス・アシドフィルス
  • ラクトバチルス・ブルガリクス
  • ラクトバチルス・ガッセリー
  • ラクトバチルス・ブレビス
  • ラクトバチルス・カゼイ
  • ラクトバチルス・ヘルベティカス

 

何だか難しい感じのものばかりですが、どれも市販されている有名なヨーグルトに入っている乳酸菌です。

 

なので、「乳酸菌革命」はこれらの乳酸菌が一度に摂れてしまうという、優れものの乳酸菌サプリなわけです。

 

ただ、これらは、3代目の「乳酸菌革命」にも配合されていたものです。

 

そして、リニューアルした4代目の「乳酸菌革命」では、これらに加えて3つのパワフルな乳酸菌が配合されました。

 

今回、この「3大乳酸菌」について詳しく調べてみましたので、ご紹介しようと思います。

 

 

ビフィズス菌

まずは、善玉菌の王様と言ってもいい「ビフィズス菌」です。

 

というのも、ビフィズス菌は、実は腸内の善玉菌のうちの99.9%を占める、非常に重要な乳酸菌だからです。

 

ビフィズス菌は、乳酸だけでなく、酢酸も生成することができ、このことが腸内環境の改善に大きくつながります

 

ですが、このビフィズス菌は、年齢を重ねるごとに腸内からどんどん減ってしまいます。

 

ですから、体外からビフィズス菌を摂ることは、とても大事なことなんですね。

 

ラブレ菌

続いては、「ラブレ菌」です。

 

近年CMなどで流れていますし、店頭でもラブレ菌入り飲料が販売されているので、一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。

 

「植物性乳酸菌」の一つとして数えられる乳酸菌です。

 

元々、漬物の中から発見された乳酸菌で、耐酸性に優れており、胃酸などをくぐり抜けて、腸まで生きたまま到達できる力強い乳酸菌です。

 

腸においては、大量の乳酸を生成し、このことによって悪玉菌の増殖を抑えるはたらきをします。

 

また、最近の研究では、ビフィズス菌を増やすはたらきもあることが分かってきました。

 

ビフィズス菌の大きな味方になってくれる乳酸菌です。

 

カゼリ菌

3つ目が「カゼリ菌」です。

 

このカゼリ菌は、日本で誕生したと考えられ、日本人のお腹から高い検出率があるという、日本人にとってとても相性のいい乳酸菌です。

 

カゼリ菌もラブレ菌と同様、酸にとても強い性質を持っており、生きたまま腸まで届きます

 

このカゼリ菌の大きな特徴は、腸で長くとどまることができる点です。

 

普通の乳酸菌は、摂るのをやめると、大体1週間ほどでほとんどが体外に排出されてしまいます。

 

この点、カゼリ菌は最大でなんと約90日間も腸にとどまり続けることができます。

 

このことによって、長い期間、腸内環境を整えるようにはたらくことができるわけです。

 


このように、4代目になって、さらにパワーアップした「乳酸菌革命」

 

きっと、あなたの腸にも力強く届いてくれるはずですよ!

 

「乳酸菌革命」の公式サイトはこちら ⇒

 

 

 

スポンサードリンク