スポンサードリンク

乳酸菌革命に入っている有胞子性乳酸菌ってなに?

乳酸菌革命「乳酸菌革命」には「有胞子性乳酸菌」というものが含まれています。

 

これも、他の乳酸菌サプリにはない特長の1つとして数えることができます。

 

では、この「有胞子性乳酸菌」とはどのようなものなのでしょうか。

 

有胞子性乳酸菌とは

有胞子性乳酸菌とは、読んで字のごとく、胞子がある乳酸菌のことです。

 

「有胞子乳酸菌」と言われることもあるようです。
(ちなみに「乳酸菌革命」のホームページでは、「有胞子乳酸菌」と表現されています。)

 

胞子とは、植物でいうところの種子のようなものです。

 

普通の乳酸菌は、胞子をもたないのですが、一部の乳酸菌では胞子を作るものがあります。

 

このような乳酸菌を総称して「有胞子性乳酸菌」と呼んでいます。

 

有胞子性乳酸菌は腸まで届く!

胞子は、外側が殻のようなものになっています。

 

普通の乳酸菌にはこれがないため、酸や熱に弱いわけです。

 

ですから、体外から乳酸菌を摂ったとしても、そのほとんどは胃酸などの影響で腸に到達する前に死滅してしまいます

 

これに対して、胞子の状態になっている有胞子性乳酸菌は、この外殻に守られているため、熱や酸などに対して非常に強い性質を持っています。

 

なので、体外から摂取した場合でも、腸までそのままの状態で届くことができるのです。

 

むしろ、この胞子は、胃酸や胆汁などによって発芽が促進されます。

 

そして、腸において発芽し、腸の環境がその生息に適しているため、活発に繁殖します。

 

さらに、乳酸を生成する能力が高く、腸への定着率も高いことも、研究から分かっています。

 

これらが、善玉菌の増殖、つまり腸内環境の改善に大きな役割を果たしてくれるのです。

 

「乳酸菌革命」は毎日続けることが大事

このように、腸内環境の改善に高い能力を持っている「有胞子性乳酸菌」ですが、欠点がないわけではありません。

 

それは、「継続して摂り続けなければいけない」ことです。

 

摂取をやめてから1週間ほど経つと、そのほとんどが体外へ排出されてしまうのです。

 

しかし、実はこのことは他の乳酸菌でも同じです。

 

体外から摂取した乳酸菌は、ほとんど腸内にとどまることはありません。

 

したがって、有胞子性乳酸菌が他の乳酸菌に比べて劣っているというわけではないのです。

 

乳酸菌サプリであれ、ヨーグルトであれ、全ては継続して摂り続けなければいけないことに変わりはありません

 

この点を考えれば、乳酸菌自体の能力が高い有胞子性乳酸菌、さらに言えばこれを含んでいる「乳酸菌革命」には、より期待できることになりますね。

 

まずは1カ月間、「乳酸菌革命」を試してみる価値は、十分にあるはずですよ!

 

「乳酸菌革命」の公式サイトはこちら ⇒

 

 

 

スポンサードリンク