スポンサードリンク

善玉菌のチカラの乳酸菌は超強力!~クレモリス菌FC株~

善玉菌のチカラ「スッキリできた!」と、多くの人から評判の「善玉菌のチカラ」

 

「善玉菌のチカラ」は、どうしてそんなに多くの人に「スッキリ」を実感させることができるのでしょうか?

 

その秘密は、「善玉菌のチカラ」の原料となっている乳酸菌に隠されています

 

「善玉菌のチカラ」の乳酸菌は、生きたまま腸まで届く「クレモリス菌FC株」!

「善玉菌のチカラ」の乳酸菌は、カスピ海ヨーグルトを作る際に使われる「クレモリス菌FC株」というものです。

 

実は、このクレモリス菌FC株は、とても強力な乳酸菌なのです。

 

普通の乳酸菌は、酸に弱いため、腸にたどり着く前に胃酸や胆汁などにやられてしまいます。

 

そして、そのほとんどが死んでしまい、生きたまま腸まで届くことはありません。

 

しかし、クレモリス菌FC株は乳酸菌の中では特殊で、生きたまま腸まで届くことが実験で証明されているのです。

 

「生きたまま乳酸菌が腸に届く」と謳っている乳酸菌サプリは、他にも多くあります。

 

ですが、そのほとんどは、カプセルなどに特殊加工がしてあり、それによって胃酸などから乳酸菌を守るように作られています。

 

一方で、「善玉菌のチカラ」も、クレモリス菌FC株が飲みやすいようにカプセルには入っています。

 

ただし、飲み方としては「カプセルを開けて、水に溶かして飲んでもいい」と、しっかり公式ページに明記されているのです。

 

このことは、それだけクレモリス菌FC株が、酸などに強く、カプセルなどに守られなくても、腸まで生きたまま届くことの自信の表れと言えそうですね。

 

腸内でも生き続けるクレモリス菌FC株

クレモリス菌FC株の力強さを示すものは、他にもあります。

 

クレモリス菌FC株は生きたまま腸まで届きますので、クレモリス菌FC株を摂ってすぐは当然ながら腸内で生き続けています。

 

ところが驚くべきことに、クレモリス菌FC株を摂るのを止めてから2週間経った後でも、まだ腸内で生き続けている場合もあるという実験結果があるのです。

 

それだけ、長い期間にわたって、腸内環境の改善に貢献してくれるということになりますね。

 

このことを見ても、クレモリス菌FC株はとてもパワフルな乳酸菌だということがお分かりいただけるでしょう。

 

これだけ力強い乳酸菌を原料としている「善玉菌のチカラ」ですから、その効果が多くの人に認められているのもうなずけるのではないでしょうか?

 

 

[参考]

乳酸菌革命の乳酸菌は? ⇒

 

 

 

スポンサードリンク