スポンサードリンク

便秘薬・下剤が効かない・・もしかしたら、◯◯便秘かも?

  • スーパー便秘薬・下剤を使っても、全然効かない…
  • 食生活には、とても気を遣っているのに…
  • 生活習慣だって、気をつけているのに…
  • 運動も適度にやっているのに…

 

このような悩みを抱えているあなた!

 

もしかしたら、○○便秘かもしれませんよ!

 

その正体は、スーパー便秘

  • 便意は感じるが、息んでもなかなか便が出ない
  • ちゃんと出しきっているつもりでも、常に残便感がある

 

このような症状がある場合、「直腸性便秘」の可能性があります。

 

通称「スーパー便秘」とも呼ばれており、先日はNHKの情報番組でも取り上げられていました。

 

この便秘は、直腸に便が溜まってしまい、排出されないタイプのものです。

 

直腸に溜まってしまった便は、水分がほとんど吸収されているため、固くなってしまい、排出されにくくなっています。

 

また、直腸は腸管が太いため、大きな塊になってしまうことも、便の排出を妨げる要因となります。

 

このタイプの便秘の場合、冒頭のように、便秘薬・下剤が効かなかったり、一般的に便秘に効果があるとされているものを試しても、便秘が解消されないことがあるのです。

 

直腸性便秘の原因と対処法

直腸瘤(ちょくちょうりゅう)

これは女性のみに起こる症状です。

 

女性の場合、直腸のすぐ隣りに膣があります。

 

直腸と膣の間には、「直腸膣隔壁」と呼ばれる壁があるのですが、これは加齢や出産によって弱くなっていきます。

 

すると、息んだ際に便が弱くなった直腸膣隔壁に食い込み、ポケットのようなふくらみができることがあるのです。

 

これが、直腸瘤です。

 

直腸瘤ができると、そこに便が入り込んでしまうため、うまく排便できなくなってしまいます。

 

これが、常に残便感がある理由です。

 

軽度の場合は、投薬や排便の練習をすることで対処します。

 

重度の場合には、手術をして、ポケットが出来ないように腸壁を補強します。

 

アニスムス

アニスムスとは、排便時に「骨盤底筋」という肛門周辺にある筋肉をコントロールできない状況になることです。

 

通常、排便する際に息むと、無意識のうちに骨盤底筋が緩みます。

 

すると、直腸と肛門の角度が大きくなるとともに、肛門の筋肉が緩むため、便が排出されやすい状態になります。

 

しかし、アニスムスになると、息んだ際、逆に骨盤底筋が緊張してしまいます

 

このため、直腸と肛門の角度が小さくなり、便が排出されづらい状態になってしまうのです。

 

対処法としては、バイオフィードバック療法と呼ばれる最先端の方法があります。

 

直腸に特殊な風船を入れ、それを便に見立てて排出する訓練を行います。

 

これによって、上手に骨盤底筋を緩められるようにトレーニングしていきます。

 


 

いずれにせよ、下剤が効かないというのは、かなり重篤な状態です。

 

便秘の原因を明らかにするためにも、すぐに病院で診察を受けましょう

 

 

 

スポンサードリンク