スポンサードリンク

便秘の解消に必要なヨーグルトの量は?

計量カップ便秘の解消に、ヨーグルトを食べるといいと言われています。

 

では、どのくらいの量を食べると、便秘に効果があるのでしょうか?

 

 

最近の多くの研究・調査によると、

 

1日200gを毎日食べ続けると、便秘に効果がある

 

との言われています。

 

(NHKの情報番組でも、このように紹介されていました。)

 

 

「さぁ、これで便秘ともサヨナラできる!」と簡単に考えたあなた。

 

ちょっと待ってください!

 

 

ヨーグルトの200gって、どのくらいの量?

よく考えてみましょう。

 

ヨーグルトの200gとは、どのくらいの量になるでしょうか?

 

市販されている普通のヨーグルトの多くが、450gなんですね。

ブルガリアヨーグルト

 

 

ということは、200g食べるには、この

 

およそ半分を食べなければならない

 

ということになります。

 

 

また、小分けのカップのヨーグルトも、よく見かけますよね。

 

これが、だいたい1つ80gです。

 

ブルガリアヨーグルト小

そうすると、

 

2つ半食べなければならない

 

ということですね。

 

 

このようにしてみてみると、結構な量だと思いませんか?

 

 

ヨーグルトは「食べるタイミング」も重要

しかも、

 

ヨーグルトは「食べるタイミング」が重要

 

というのです。

 

 

空腹時は胃酸が強い状態です。

 

乳酸菌はそもそも酸に弱い性質を持っています。

 

ですから、この状態でヨーグルトを食べても、

 

乳酸菌が胃酸にやられてしまいます。

 

 

すると、ほとんどの乳酸菌は、生きたまま腸に届かないことになり、効果が大きく減ってしまうのです。

 

 

このことより、便秘の解消のためにヨーグルトを食べるのであれば、「食後」がいいということになります。

 

ただ…。

 

よほどのヨーグルト好きならばいざしらず、

 

食後にヨーグルトを食べることは結構たいへんです

 

よね。

 

 

「分けて食べればいいのでは?」と考えるかもしれません。

 

でも、毎3食後、小分けのカップのヨーグルトを1つずつ食べると考えると、やっぱりキツいですよね。

 

このように考えると、1日200gのヨーグルトを食べるということが、かなり大変だということがわかると思います。

 

 

乳酸菌を摂取するなら、○○がおススメ

ではどうすればいいのか、ということになりますが、乳酸菌の摂取を考えるのであれば、

 

「乳酸菌サプリ」がおススメ

 

です。

 

 

「乳酸菌サプリ」は、1日1~2粒(包)飲めばいいだけですので、簡単です。

 

しかも、持ち運びが楽ですので、外出先などでも手軽に摂ることができます。

 

また、「乳酸菌サプリ」の乳酸菌は、生きたまま腸に届くようになっていることが多く、この点でも高い効果が期待できます。

 

 

このように、

 

便秘の解消のために乳酸菌を摂るならば、「乳酸菌サプリ」を使うのが効率的

 

です。

 

 

辛い便秘に苦しんでいるあなた。

 

「乳酸菌サプリ」が、あなたの救世主になってくれるかもしれませんよ!

 

 

管理人のオススメ乳酸菌サプリはこちら! ⇒

 

 

 

スポンサードリンク