スポンサードリンク

現代の日本人は乳酸菌が不足しているから便秘になる!

足りない便秘の原因は、ひとつではなく、さまざまな要因が重なって起こるものと考えられています。

[参考記事]

 

ただ、その中でも大きい要因のひとつとして、現代の日本人が乳酸菌不足になっていることを挙げている研究者もいます。

 

どうして、現代の日本人は乳酸菌不足になってしまったのでしょうか?

 

食生活の変化

現代の日本人の食事は、西洋化が進んでいます。

 

昔の日本人の食事には、発酵食品が多く用いられていました。

 

ぬか漬けを始めとする漬物が代表例です。

 

これらの発酵には、乳酸菌が利用されてきました。

 

そもそも、発酵食品は食材を保存するために考えられた生活の知恵です。

 

ですが、このことによって、ある程度の量の乳酸菌を摂取することができていたのです。

 

現代では、以前に比べて、このような発酵食品が食卓に上る機会が減りました。

 

その代わり、ヨーグルトなどの外来の発酵食品を摂るようになったと思われるかもしれません。

 

しかし、これらを日常的に必要十分な量を摂っている方は、なかなかいないのが現実でしょう。

 

その結果として、乳酸菌の摂取量が減少したと考えられるのです。

 

また、現代では、肉食の割合が相当に増えています。

 

肉を過度に摂取すると、腸内の悪玉菌が活発化してしまい、乳酸菌の増殖を妨げます

 

このことも、乳酸菌が不足する原因のひとつと言えるでしょう。

 

殺菌技術の発達

殺菌技術が発達したことも、乳酸菌が不足してしまった原因です。

 

現代では、農作物の収穫量を増やすため、農薬が広く用いられるようになりました。

 

また、現代日本人の過剰とも言える抗菌主義もあり、さまざまな食品に対して、殺菌・除菌処理がなされています。

 

もちろん、経済的・衛生的には進歩と言えるのですが、その反面として、人間にとって有益であった乳酸菌までも殺菌・除菌する結果となってしまいました。

 

さらに、抗生物質の発達も一因です。

 

当然ながら、医学的には大きな進歩で、これによって多くの命が救われるようになりました。

 

ところが、抗生物質は腸内の乳酸菌まで殺菌してしまうのです。

 

これらのことから、乳酸菌の摂取が減ると同時に、腸内の乳酸菌も減少する、ということが起き、乳酸菌が不足してしまうことになっているのです。

 

対処法は?

当たり前ですが、乳酸菌の摂取量を増やすために、今さらかつてのような食事や生活に戻るのは、現実的ではありません。

 

むしろ、デメリットの方が大きいことは明らかです。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

これは、積極的に乳酸菌を摂るように意識するしか方法はありません。

 

まず考えられるのは、ヨーグルトなどから乳酸菌を摂ることでしょう。

 

ただ、そうは言っても、これらにも限界があると思われます。

 

そのような際に、オススメしたいのが「乳酸菌サプリ」です。

 

「乳酸菌サプリ」は手軽に乳酸菌を摂ることができますので、上手に使うことで乳酸菌不足を補うことができるでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク