スポンサードリンク

フジッコの研究の成果!善玉菌のチカラの成分とは?

善玉菌のチカラ「善玉菌のチカラ」を製造しているのは、フジッコです。

 

フジッコといえば、「♪フジッコのおま~めさん」でおなじみですね。

 

ですから、健康食品というと「おやっ?」と思われるかもしれませんが、実は、カスピ海ヨーグルトの研究については、最先端を行く企業なんです。

 

そのフジッコの研究の成果が詰まった「善玉菌のチカラ」の成分について、見ていくことにしましょう。

 

1粒に20億個以上の「クレモリス菌FC株」が凝縮!

「善玉菌のチカラ」といえば、何と言っても、カスピ海ヨーグルトの乳酸菌「クレモリス菌FC株」です。

 

これが、1粒に20億個以上も凝縮されています。

 

乳酸菌20億個というと、ヨーグルト200gに含まれる乳酸菌の数とほぼ同じになります。

 

ヨーグルトを毎日200g食べるのは結構大変ですが、それが毎日1粒で済んでしまうのですから、お手軽ですね。

 

ちなみに、「クレモリス菌FC株」は、かなりデリケートな乳酸菌なので、これを生きたままカプセル化するのは大変だったようですよ。

 

ここにも、フジッコの研究成果が表れていますね。

 

食物繊維「アルギン酸カリウム」を配合!

「善玉菌のチカラ」には、アルギン酸カリウム」というものが配合されています。

 

「アルギン酸カリウム」とは、海藻由来の水溶性食物繊維です。
(水溶性食物繊維については、こちらの記事(便秘解消に重要な食物繊維。実は2つの種類が!~水溶性と不溶性~)をご参照ください。)

 

便秘解消には、「善玉菌」と「食物繊維」は2大要素と言っても過言ではないでしょう。

 

お互いが相乗効果をもたらし、便秘解消への効果が大いに期待できます。

 

これが1粒で1度に摂れるのですから、「善玉菌のチカラ」の評判が高いのもうなずけますね。

 

カロリーは1粒たったの0.71kcal!

便秘になると、体重も気になるところです。

 

しかし、「善玉菌のチカラ」1粒のカロリーはたったの0.71kcalです。

 

同様に乳酸菌を摂ろうとしてヨーグルトを食べた場合と比べると、はるかに低カロリーです。

 

そもそも、無視しても構わないくらいのカロリーと言ってもいいのではないでしょうか?

 


 

このように、「善玉菌のチカラ」の成分を一つ一つ見ていくと、いかに便秘解消のために考えつくされた製品なのかが分かりますね。

 

あなたも「善玉菌のチカラ」を飲んで、お腹のスッキリを味わってみませんか?

 

 

[参考]

乳酸菌革命の成分 ⇒

 

 

 

 

スポンサードリンク