スポンサードリンク

旅行に行くとどうして便秘になるの?~原因と対策~

特に女性の場合、

 

旅行に行くといつも便秘になってしまう

 

という人が多いようです。

 

 

せっかくの楽しい旅行なのに、ずっと便秘で辛い思いをしていては、台無しになってしまいますね。

 

今回は、旅行に行くと便秘になる原因とその対策について、お話していこうと思います。

 

 

旅行に行くと便秘になる原因

ストレス

本来、旅行は楽しいものですが、

 

知らず知らずのうちにストレスを受けています。

 

 

環境の急激な変化によるものが、大きな要因です。

 

ストレスを受けると、交感神経が優位になってしまい、副交感神経が弱まります。

 

このことによって、腸の活動も弱まってしまい、便秘になってしまうのです。

 

生活リズムの変化

旅行に行くと、普段とは違う時間に寝起きしたり、朝食を抜いてしまったりなど、

 

生活のリズムが変化してしまうことがあります。

 

 

すると、排便リズムが狂ってしまい、便意を催さなくなることにつながります。

 

トイレの変化

特に女性は、

 

トイレが変わってしまうと排便できなくなってしまう

 

ことが多いようです。

 

 

海外旅行ですと、トイレ環境の変化はさらに顕著になります。

 

排便には個人々々でスタイルがあり、少しでもトイレ環境が変わってしまうと、便意を催さなくなってしまうという、デリケートな部分があるのです。

 

トイレを我慢する

他の方と行動をともにすると、スケジュールなどを合わせなければならない状況が起こります。

 

 

その際、ついつい遠慮して、

 

便意があるのに我慢してしまいがち

 

になります。

 

 

また、ホテルなどで他の方と同室になった場合にも、その方に対する気恥ずかしさから、我慢してしまうこともあるようです。

 

このようなことがきっかけとなり、そのうち便秘になってしまうのです。

 

水分不足

旅行に行くと、観光地巡りなどをして、いつもよりも活動量が増えることが多いですね。

 

すると、いつもより体内の水分を消費することになります。

 

一方で、外出しているため、水分の摂取量が減ってしまうことも多くなります。

 

また、トイレに行かないでも済むように、あえて水分補給をしないということもあるでしょう。

 

 

そうなると、体内の水分量が減ってしまい、

 

腸内の水分も減って、便が固くなってしまうため、排便しにくくなってしまう

 

のです。

 

 

旅行中の便秘対策

普段は便秘ではないのに、旅行に行くと便秘になってしまう場合を想定してお話します。

 

 

まずは、

 

水分をいつも以上に多く摂ることを心がけましょう。

 

 

吸収の良いスポーツドリンクなどを飲むのが最適です。

 

 

また、旅行だからといって、

 

極端に生活リズムを変えないようにしましょう。

 

 

できるだけ、普段と同じ時間のリズムで行動するのが好ましいです。

 

 

さらに、旅行中でも、

 

きちんと排便する意識を持つことも必要

 

です。

 

 

旅行に行って排便しない習慣がついてしまうと、次の旅行でも同じことが起きてしまいます。

 

まして、長期間の旅行となると、ずっと便秘のままになってしまい、辛い思いをするはめになります。

 

このようなことに注意すれば、きっと旅行を存分に楽しめるようになるはずですよ♪

 

 

これを持っていれば、旅行中も安心!? ⇒ 

 

 

 

スポンサードリンク