スポンサードリンク

便秘と痔は切っても切れない関係

痔便秘になる人は、痔にもなってしまうことが多いです。

 

逆に、痔になってしまうと、さらに便秘が悪化してしまいます。

 

痔は切れることがありますが、便秘と痔は切っても切れない関係にあります(ちょっと、ウマいこと言いましたかね?(^^))。

 

便秘と痔の関係

便秘になると、便を出す際に、強くいきまなければならないことがあります。

 

肛門の周辺には、毛細血管が張り巡らされた粘膜があるのですが、強くいきむと、この部分に大きな力がかかります。

 

すると、この毛細血管が集まっている粘膜が、鬱血してしまいます。

 

このようにしてできてしまうのが、「いぼ痔」です。

 

また、便秘によって、直腸に便が滞留してしまうと、粘膜が細菌に感染しやすくなります。

 

その粘膜に炎症が起こってしまうと、「いぼ痔」ができることになります。

 

さらには、固い便を無理やり出そうとして、肛門の周辺の粘膜が傷つくことがあります。

 

この傷から細菌が侵入して、炎症を起こすと、やはり「いぼ痔」になります。

 

同様に、固い便を無理やり出そうとした際に、肛門の外壁を傷つけ、出血させてしまうことがあります。

 

これが、「切れ痔」です。

 

これらが、便秘による便が、直接的にダメージを与えることによって起こる痔です。

 

加えて、便秘が間接的に痔を引き起こすこともあります。

 

まず、便が詰まっていることで、血管が圧迫されて、肛門周辺の血流が悪くなってしまい、その結果、粘膜が鬱血して「いぼ痔」になることがあります。

 

さらに、便秘によって腸で発生した有害物質が、肛門周辺の粘膜の機能を悪化させることによって、「いぼ痔」ができることも考えられます。

 

このように、便秘は、さまざまな形で痔を引き起こす要因となるのです。

 

逆に、便秘による痔が、さらに便秘を悪化させることがあります。

 

痔になってしまうと、排便時に激痛を伴いますので、ついつい排便を我慢をしてしまったり、強くいきむことができなくなります。

 

そうすると、さらに便が溜まってしまうことになり、便秘が悪化してしまうのです。

 

このような状態になると、便秘が痔を生み、さらに、痔が便秘を悪化させる、という悪循環に陥っていくことになります。

 

解消法

短期的な視点では、悪循環を断ち切るために、まずは痔の治療をすることになります。

 

適切に膏薬などを痔に塗ることで、改善が期待できます。

 

また、一時的な便秘解消のために、便秘薬・下剤や浣腸などを使うこともあります。

 

ただし、これらの治療は、独自の判断で行わずに、医師の指示や処方を受けた上で行うようにしましょう。

 

しかし、長期的な視点に立つと、根本的な解決は、やはり便秘の解消にかかってきます。

 

食事や生活習慣などを整えて、便秘を解消していくことが必要となるのです。

 

 

 

スポンサードリンク