スポンサードリンク

便秘と吐き気が同時に起こる場合に考えられること

吐き気便秘が続くと、同時に吐き気も起こることがあります

 

便秘だけでも辛いのに、さらに吐き気まであると、とても苦しいですよね。

 

このように、便秘と吐き気が同じタイミングで起こる場合、どのような病気が考えられるのでしょうか?

 

(1)腸の重篤な病気

便秘と吐き気が同時に起こっている場合、まず最初に心配しなければいけないのが、腸の重篤な病気です。

 

例えば、腸閉塞、腸捻転、腹膜炎などの病気が考えられます。

 

この場合、便秘の種類としては「器質性便秘」ということになります。

 

これらの腸の病気によって、便が詰まってしまうタイプの便秘です。

 

吐き気も、便秘が原因というよりは、腸の病気が原因になっていると言っていいでしょう。

 

これはとても危険な状態で、ことによっては命に関わることすらあります

 

(2)便秘によって胃から腸に食べ物が運ばれない

次に挙げるのは、便秘によって胃から腸に食べ物が運ばれなくなってしまうことによるものです。

 

ひどい便秘になると、腸が便やガスなどで満たされてしまいます。

 

そうなると、胃から腸へ食べたものが運ばれる余地がなくなってしまい、食べ物が胃に留まったままになってしまいます。

 

結果として、胃の調子が悪くなり、吐き気を催すのです。

 

(3)便秘に伴う有害物質の蓄積

便秘になると、腸で有害物質が発生します。

 

これが長期間続くと、この有害物質が腸で血管に吸収され、血液とともに体を巡っていきます。

 

これが積もり積もると、体中が有害物質の影響を受け、体のさまざまな箇所がダメージを受けることになります。

 

この際、胃自体が直接ダメージを受けたり、自律神経が乱れたりすることで、吐き気が起こることがあるのです。

 

この状態の時には、胃だけではなく、体の他の部分でも不調な部分が出ることも考えられます。

 

(4)精神的な不調によるもの

これは、便秘による吐き気と言うよりは、便秘と吐き気が同じ原因で起こっているものと考えていいでしょう。

 

何らかの精神的なストレスによって、自律神経を乱してしまい、便秘と吐き気が起こるものです。

 

便秘の種類としては「痙攣性便秘」ということになります。

 

この場合には、便秘と下痢とが交互に起こる「過敏性腸症候群」であることも多いです。

 

精神的な要因ですので、場合によっては頭痛が起こったり、うつなどの神経疾患を併発している可能性もあります。

 

解消法

便秘と吐き気が同時に起こっている際には、便秘の程度としては、既にかなり重い状態になっていると考えられます。

 

自力で治そうとしたり、放置したりすると、状況がさらに悪化することになりかねません。

 

ですから、早急に医師の診察を受けることが必要です。

 

そして、原因が分かった上で、医師の指示に従ったりしながら、自分でも便秘解消に向けた種々の方策を講じたりするようにしましょう。

 

また、精神的なものが原因の場合には、心療内科や精神科で治療を受けることも考慮に入れましょう。

 

 

 

スポンサードリンク