スポンサードリンク

便秘解消のための食べ物特集~キムチ~

キムチキムチは、もはや「漬物」として、日本中に浸透しましたね。

 

私の小さい頃は、まだ「キムチの元」くらいしかなくて、これを白菜などにかけて「擬似キムチ」として食べていたことを思い出します(年齢がバレちゃいますかね)。

 

さて、このキムチは便秘解消に、大いに力を発揮してくれます。

 

キムチは、どのように便秘解消に作用するのでしょうか?

 

キムチの便秘解消作用

乳酸菌

キムチの便秘解消作用の、まず第1は「乳酸菌」です。

 

キムチには、大変多くの乳酸菌が含まれています。

 

その数は、ヨーグルトにも匹敵するほどと言われます。

 

また、キムチの乳酸菌は植物由来の乳酸菌なので、比較的酸にも強く、生きたまま大腸まで届くことも特徴です。

 

食物繊維

次に挙げるられるのが、「食物繊維」です。

 

キムチというと、白菜をイメージしますが、他にもニンニク、ニラ、ねぎ、大根、にんじんなどの野菜が使われています。

 

これらの野菜には、食物繊維が含まれています。

 

また、トウガラシも、食物繊維が多い食べ物です。

 

このように、キムチを食べることで、食物繊維を補うことができるのです。

 

トウガラシ

キムチといえば、やはり「トウガラシ」ですね。

 

このトウガラシも、便秘解消に役立ってくれます。

 

まずは、その刺激性によって、腸を刺激し、腸の動きを活発にするはたらきがあります。

 

さらに、トウガラシには、体を温める作用があるため、便秘の原因にもなる「冷え」を防ぐ効果もあります。

 

キムチを選ぶ際の注意点

今では、多くの種類のキムチが店頭に並んでいます。

 

その中で、どのようなキムチを選ぶと、便秘には効果があるのでしょうか?

 

それは、原材料に「アミ塩辛」などの魚介系の塩辛が含まれているものです。

 

キムチの乳酸菌は、この魚介系の塩辛によって、生成されます。

 

逆に言えば、魚介系の塩辛が入っていないものは、乳酸菌を含んでいません

 

実のところ、現在日本で販売されているキムチは、ほとんどのものが日本製です。

 

中には、魚介系の塩辛を使わずに、グルタミン酸ソーダなどの化学調味料を用いたり、酸味料を加えることで味付けしているものもありますので、注意が必要です。

 

また、原材料は、含有量が多い順に書かれています。

 

ですから、魚介系の塩辛が上の方に表示されているほど含有量が多いので、乳酸菌の量も多いと推測できます

 

キムチを便秘解消に役立てたいならば、原材料表示をよく確認してから、選ぶようにした方がいいですね。

 

キムチを食べる際の注意点

すべてのものに当てはまることですが、やはりキムチも食べ過ぎないようにした方が賢明です。

 

トウガラシは刺激物ですので、摂り過ぎると胃や腸にむしろ悪影響を与えてしまいます。

 

また、漬物ですので、塩分もそれなりに高いですから、やはり摂り過ぎは体によくありません。

 

何事も、ほどほどが大切、ということですね。

 

 

 

スポンサードリンク