スポンサードリンク

腸内細菌の便秘への影響~善玉菌と悪玉菌~(その2)

正義の味方前の記事(腸内細菌の便秘への影響~善玉菌と悪玉菌~(その1))で、腸内細菌の概要と悪玉菌・日和見菌についてお話しました。

 

今回は、その続きとして、善玉菌についてお話したいと思います。

 

腸内細菌の種類(つづき)

善玉菌

善玉菌は、悪玉菌とは逆に、人体に良い影響を与える腸内細菌の総称です。

 

主なものとしては、ビフィズス菌を始めとする乳酸菌などが挙げられます。

 

これらの善玉菌は、主に糖質をエネルギー源としています。

 

善玉菌は、腸内環境を良好にし、便秘になりにくい状態を作っていきます

 

そのしくみは、以下のようになっています。

  • エネルギー源を基に、乳酸や酢酸などの有機酸を生成する
  • その結果、腸内が弱酸性となり、悪玉菌による腐敗の進行を抑える
  • また、有機酸は、腸の動きを活発化させる
  • 加えて、善玉菌自体が便の材料となり、便のカサを増す
  • これらのことが組み合わさり、結果として、便秘を予防したり、解消したりする

 

さらに、善玉菌は、便秘以外にも、次のような体に良い影響を及ぼします。

  • 腸内が弱酸性になることで、病原菌の活動を抑制する
  • 整腸作用を持ち、細菌による下痢を防ぐ
  • 発ガン物質を分解する
  • ビタミンを合成する
  • 免疫力を高め、風邪や感染症を予防する
  • コレステロールの吸収を抑える

 

善玉菌を増やすために

これまでの話から分かるように、便秘を予防したり、解消したりするためには、いかにして腸内を善玉菌が優勢の状態にするか、すなわち善玉菌を増やすかが「カギ」となります。

 

では、善玉菌を増やすためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

まず挙げられるのは、善玉菌を増やすような食事を摂ることです。

 

まとめると、

  • ヨーグルトや発酵食品などを摂り、直接腸内の善玉菌を増やす
  • エネルギー源となる糖質(オリゴ糖など)を摂り、腸内の善玉菌を活性化する
  • 食物繊維を摂り、腸内で善玉菌が増殖しやすい環境を作る

ということになります。

 

もう一つ挙げられるのは、悪玉菌を増やさないような食事を摂ることです。

 

つまりは、

  • 高タンパク・高脂肪の食事を避ける

ということです。

 

近年は、食事の欧米化により、肉などの高タンパクな食事が増えてきています。

 

先にもお話しましたが、悪玉菌はタンパク質を主なエネルギー源とします。

 

タンパク質の摂取が一定水準を超えてしまうと、悪玉菌が優勢になってしまうことにつながります。

 

また、高脂肪食品を摂った場合にも、善玉菌が減少する代わりに、悪玉菌が増加した、という報告があります。

 

しかし、いまや当たり前となってしまった欧米風の食事を、すべて日本食に変えるというのはナンセンスな話です。

 

ただ、それでも偏食にならず、バランスの良い食事を心がけることは十分可能なことですね。

 

このように、食事の面から善玉菌を増やすようにすることが効果的です。

 

 

 

スポンサードリンク