スポンサードリンク

便秘解消のための食べ物特集~ヨーグルト~

ヨーグルト便秘解消のための食べ物として、やはりまず第一に挙げられるのが「ヨーグルト」ですね。

 

でも、ヨーグルトがどのようにして便秘解消に効くのかについては、よく理解していないのではないでしょうか?

 

ヨーグルトが便秘に効くしくみを分かったうえで、効果的にヨーグルトを摂るようにしましょう。

 

ヨーグルトといえば「乳酸菌」ですが…

ヨーグルトで便秘解消に効果は、やはり「乳酸菌」によるものです。

 

便秘解消には、腸内の善玉菌である乳酸菌を増やすことが大事なことは、ご承知のとおりです。

 

ところが、ここで多く勘違いされていることがあります。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌が大腸に住み着いて、乳酸菌が増加すると考えていませんか?

 

実のところ、ヨーグルトに含まれる乳酸菌のほとんどは、大腸に届く前に死んでしまいます

 

つまり、摂った乳酸菌がそのまま大腸までたどり着き、乳酸菌が増えるわけではないのです。

 

しかし、この死んでしまった乳酸菌は、善玉菌を増やすのにとても役立ちます

 

死んでしまった乳酸菌が大腸まで届くと、善玉菌のエサになって、善玉菌の増殖に貢献するのです。

 

また、死んでしまった乳酸菌には、悪玉菌によって生成された有害物質と合成するなどして、その毒素を中和するはたらきをしますので、善玉菌の増殖を助けます。

 

これらのことから、結果として、腸内の善玉菌が増えることになるわけです。

 

さらに、それでも残っている死んでしまった乳酸菌は、便の材料にもなってくれます。

 

このようなことが組み合わさって、腸内環境の改善に役立ち、便秘解消につなげてくれるのです。

 

「生きたまま腸まで届く乳酸菌」の効果は?

それでは、最近よく目立つようになった「生きたまま腸まで届く乳酸菌」というのは、意味があるのでしょうか?

 

もちろんのことですが、大いにあります。

 

生きたまま大腸まで届いた乳酸菌は、善玉菌そのものとして、腸内環境を整えてくれます

 

その意味では、やはり、生きたまま大腸まで届いた乳酸菌の方が、便秘解消に直接の効果があると言えます。

 

ただし、注意しておかなければならないことは、この乳酸菌がそのまま大腸に住み着くことは、かなり稀だということです。

 

体外から摂った乳酸菌のほとんどは、大腸にとどまることなく、排出されてしまいます

 

ですから、生きたまま大腸まで届く乳酸菌も、継続して摂ることによって、初めて効果的なものとなるのです。

 

「飲むヨーグルト」との違いは?

液体状の「飲むヨーグルト」も、多くの製品が販売されています。

 

飲むヨーグルトと食べるヨーグルトは、何か違いがあるのでしょうか?

 

実は、乳酸菌の量やはたらきについては、ほとんど変わりません

 

というのも、基本的には飲むヨーグルトは、食べるヨーグルトを撹拌して液体状にしただけのものだからです。

 

厳密に言えば、発酵の方法が若干異なるので、成分的には多少の違いは出てきますが、根本的には同じものと考えて差し支えないでしょう。

 

どうしても、食べるヨーグルトが苦手だという場合には、飲むヨーグルトを利用してみるのも一つの手かもしれませんね。

 

 

 

スポンサードリンク