スポンサードリンク

バナナが苦手でも、おいしく食べられる方法をご紹介!

バナナヨーグルト以前の記事(便秘に効く食べ物特集~バナナ~)で、バナナが便秘解消に効果的ということをお話しました。

 

でも、バナナが苦手な方って、結構いるようなんです。

 

便秘に効くのに食べられないなんて、もったいないですよね。

 

今回は、バナナが苦手でも、おいしく食べられる方法をご紹介します!

 

ただし、あくまでも私の私見ですので、その辺のところはご了承を。

 

バナナが苦手な場合に、試して欲しい方法

バナナが苦手という場合、あのグチャッとした食感が嫌だという人が多いようですね。

 

そんな時におすすめするのが、コレ!

 

「バナナを凍らせる」

 

凍らせてしまえば、当然固くなりますから、あのやわらかい食感はなくなります。

 

そして、ここで一工夫すると、さらに食べやすくなります。

 

それは、1本をそのまま凍らせるのではなくて、「輪切りに切って凍らせること」です。

 

下の写真ような感じで、輪切りにしたバナナをくっつかないように並べて、冷凍用のビニール袋に入れたり、ラップで包んで凍らせます。
 冷凍バナナ

 

1本をそのまま凍らせると、なかなか食べにくいのですが、このようにすることで、格段に食べやすくなりますし、使いやすくなります。

 

例えば、1本を食べるのが多くて難しいという場合には、好きな分だけ食べることができます。

 

また、バナナは常温ですと傷みやすいですし、冷蔵庫に入れると黒くなってしまいますよね。

 

でも、凍らせることで保存もきくようになりますので、好きなときに好きなだけ食べられるのは、とても便利ですよ!

 

ちなみに、私の好きな食べ方は、この凍ったバナナをヨーグルトに入れて食べることです。

 

こうすれば、バナナの甘味があるので、砂糖などを使うこともありませんから、カロリーの心配をしなくて済みます。

 

私の場合は、ヨーグルトに生温かいバナナを混ぜるのは、ちょっといただけないのですが、これならば冷たいのでおいしく食べられます。

 

さらに、特に夏には、アイスなどを食べる代わりに、この凍ったバナナを食べることにしています。

 

アイスなどですと、糖分や脂肪分などいろいろ気になりますが、バナナなら安心して食べられますよ!

 

いろいろな使い道がある、この「輪切り冷凍バナナ」。

 

ぜひ、お試しあれ♪

 

ちょっと注意点も

私がおすすめする「輪切り冷凍バナナ」ですが、ちょっと注意点もあります。

 

このバナナは、冷凍しているわけですから、当然冷たいわけです。

 

ですから、冷え(特に、お腹の冷え)で便秘になっている場合には、オススメできません

 

冷えの方にとって、お腹を冷やすことは極力避けなければいけませんので、やめておいたほうが無難です。

 

なお、冷えが原因の便秘解消については、以下の記事も参考にしてください。

    [参考記事]
      冷え性と便秘の関係~冷え性が便秘につながる原因~
      冷え性が原因である場合の便秘の解消法

 

また、繰り返しになりますが、この食べ方にも好き嫌いがあると思いますので、あくまでも私が個人的にオススメする食べ方ということで、ご理解いただければと思います。

 

 

 

スポンサードリンク