スポンサードリンク

オリゴ糖は便秘解消のための縁の下の力持ち

縁の下の力持ちオリゴ糖は、腸内環境を整えるのに欠かせないものです。

 

ところが、実は、オリゴ糖自体には、整腸作用のようなものはありません。

 

それでは、オリゴ糖はどのようにして、腸内環境を整える役割を果たすのでしょうか?

 

オリゴ糖は善玉菌のエネルギー源

腸内の善玉菌にとって、オリゴ糖はとても重要なエネルギー源です。

 

砂糖などの単糖類は、大腸に届く前に、消化吸収されてしまいますので、大腸まで届きません。

 

反面、オリゴ糖は、胃や小腸で消化されにくい性質を持っているため、そのまま大腸まで届きます

 

なので、大腸で善玉菌のエネルギー源となりうるわけです。

 

善玉菌がオリゴ糖からエネルギーを得て活発になると、善玉菌は増殖をしていきます。

 

一方で、悪玉菌はオリゴ糖をエサとして使うことができませんので、増えることはありません

 

つまり、オリゴ糖は、悪玉菌を増やすことなく、善玉菌だけを増やすことができます。

 

結果として、腸内は善玉菌の方が悪玉菌よりも優勢となり、腸内環境が整えられることになるのです。

 

オリゴ糖自体は、便通が良くなるように直接腸にはたらきかけるわけではありませんし、便そのものになることもありません。

 

ですが、善玉菌にはたらきかけることで、間接的に腸内環境を整えてくれます。

 

したがって、オリゴ糖は、いわば便秘解消のための「縁の下の力持ち」と言うことができるでしょう。

 

オリゴ糖が通常の食生活に取り入れやすい理由

オリゴ糖のカロリーは、砂糖と比べると半分程度しかありません。

 

ですから、カロリーや血糖値を気にされている方も、安心して摂ることができます。

 

また、オリゴ糖は、味も砂糖ほど甘くなく、かすかに甘味を感じる程度です。

 

もし、調理の際にオリゴ糖を使ったり、飲み物などにオリゴ糖を入れても、元々の食材の味を変えてしまうことは、かなりの程度避けることができます。

 

このように、オリゴ糖は、普段の食生活にも取り入れやすいのも、特徴の一つです。

 

オリゴ糖を摂る際の注意点

オリゴ糖は、私たちが通常口にしている食品の多くに含まれています。

 

代表的なものを挙げてみても、ごぼう、玉ねぎ、にんにく、はちみつ、大豆(および、その加工品)、バナナ、サトウキビなど、枚挙に暇がありません。

 

しかし、それぞれに含まれているオリゴ糖は、微量です。

 

ですから、効率的にオリゴ糖を摂ろうとするならば、健康食品として販売されているオリゴ糖粉末などをオススメします。

 

ただし、オリゴ糖は、消化されにくい性質によって、過剰に摂取すると、お腹が緩くなったり、下痢を引き起こすことがあります。

 

通常の食生活をしているだけならば、過剰にオリゴ糖を摂取することはまずないと考えられます。

 

ただ、オリゴ糖粉末などを用いる場合には、必要以上に摂取してしまう可能性があることには、留意しておく必要があります。

 

くれぐれも、オリゴ糖を摂取する際には、摂り過ぎにならないように注意しましょう。

 

 

 

スポンサードリンク