スポンサードリンク

便秘解消のための食べ物特集~納豆~

納豆便秘に効く食べ物として今回取り上げるのは「納豆」です!

 

納豆は苦手という方が多いと聞きますが、食べているとそのうちクセになりますよ。

 

実は、私もその一人です♪

 

この納豆、便秘にはどのようにして効いてくれるのでしょうか?

 

納豆の食物繊維が便秘に良い!

納豆には、食物繊維が豊富に含まれています。

 

100gあたり6.7g含まれていますから、同量のゴボウよりも多いことになります。

 

しかも、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスが、理想とされる1:2の割合にほぼ一致します。

 

食物繊維は、量とともに、このバランスも重要ですので、納豆は便秘解消に抜群の食べ物と言えます。

    [参考記事] 便秘解消に重要な食物繊維。実は2つの種類が!~水溶性と不溶性~

 

なお、ひき割り納豆は皮をむいてしまうため、若干食物繊維が少なくなります。
(ただ、その分消化は良くなります。)

 

食物繊維を少しでも多く取りたいのであれば、丸豆の納豆の方がいいですが、そのあたりはお好みでもいいかもしれません。

 

大豆オリゴ糖の効果

納豆の原料は、もちろん大豆ですね。

 

大豆には、「大豆オリゴ糖」という、オリゴ糖の一種が含まれています。

 

オリゴ糖は、腸内で善玉菌のエサになり、善玉菌を増殖させるはたらきがあります。

 

納豆には、この大豆オリゴ糖が含まれていますので、腸内環境を整え、便秘解消に役立ってくれます。

 

他の大豆製品との違い

これまで、納豆の食物繊維と大豆オリゴ糖についてお話してきました。

 

では、他の大豆製品はどうなのでしょうか?

 

まず、「おから」ですが、こちらは食物繊維が豊富です。

 

しかし、そのほとんどが不溶性食物繊維ですので、バランスが少し悪いです。

 

また、大豆オリゴ糖もほとんど含んでいません。

 

次に、「豆乳」ですが、こちらは大豆オリゴ糖が豊富に含まれていますが、逆に食物繊維がほとんど含まれていません。

 

どちらも、「帯に短し襷に長し」といったところでしょうか。

 

なお、「豆腐」は豆乳から作られますので、ほぼ同じと考えていいでしょう。
(豆乳より水分が少ない分、栄養素が若干凝縮されているという程度です。)

 

なお、これらはあくまでも、便秘解消の観点から見ただけで、どれも健康には良い食べ物ですので、これらをバランスよく食べるのがベストでしょう。

 

納豆菌の効果

納豆のもう1つの便秘解消効果は、「納豆菌」によるものです。

 

これは、納豆独自のもので、他にはないはたらきです。

 

納豆菌は、とても力強い菌で、胃酸などで死滅することなく、生きたまま腸まで届きます。

 

腸まで届いた納豆菌は、腸内の善玉菌の増殖を促すはたらきがあります。

 

これによって、腸内環境が良くなり、結果として便秘解消に貢献してくれるのです。

 


 

納豆には、便秘解消効果の他にも、生活習慣病美肌に効く成分も多く含まれています。

 

この納豆を、普段の食生活にうまく取り入れていってはいかがでしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク