スポンサードリンク

便秘に効く漢方薬には副作用はないの?

漢方便秘に効果があるという漢方薬が、ドラッグストアなどでも販売されています。

 

漢方薬というと、副作用がなくて体にやさしい、というイメージがありますよね。

 

さて、漢方薬は、本当に体にやさしくて、副作用はないのでしょうか?

 

漢方薬とは?

漢方薬といっても、「東洋の薬?」「中国四千年の歴史の薬?」というくらいの印象しか持っていないことも多いと思います。

 

そもそも漢方薬とは、どういったものなのでしょうか?

 

われわれが普通に考える薬(西洋薬)と比較する形で、誤解を恐れずものすごく大雑把に説明すると、

  • 西洋薬 … 化学合成されて作られた薬
  • 漢方薬 … 自然の生薬から作られた薬

ということができます。

 

西洋薬は「化学合成」という文字があるので、強くて効きそうですけど、何だか副作用も強そうな感じがしますよね。

 

一方で、漢方薬は「自然の生薬」ですから、なんとなく穏やかでやさしい雰囲気がありますね。

 

このあたりが、「漢方薬は、副作用がなくて体にやさしい」というイメージにつながっているのではないでしょうか?

 

漢方薬は体にやさしく副作用はないのか?

漢方薬は、「薬」です。

 

ですから、いくら「自然の生薬」からできていたとしても、やはり副作用が出る場合もありますし、体にやさしくないこともあります

 

便秘に効く漢方薬について見てみましょう。

 

便秘に効く漢方薬には、センナ、大黄、アロエが含まれていることがあります。

 

これは、西洋薬の便秘薬・下剤に含まれている成分と同じです。

 

なので、やはり西洋薬の便秘薬・下剤と同様、飲んだ際に激しい腹痛・下痢が起こることもあります。

 

また、長期連用すれば、大腸メラノ―シスが起こる恐れがありますし、下剤依存症にもなります。

(大腸メラノーシスについての詳しい説明は、こちらの記事(便秘薬・下剤の乱用は、とても危険!~副作用のお話~)をご参照ください。)

 

このように、漢方薬の種類にもよりますが、西洋薬の便秘薬・下剤と同様の副作用を持ったものもあるのです。

 

さらに、漢方薬には難しい点があります。

 

漢方薬というのは、特定の症状を治すというよりは、体全体の調子を整えることで、結果として症状を治すという考えが根本にあります。

 

したがって、その作用は体全体に及ぶことになります。

 

ですので、漢方薬はその人の体質や体力を踏まえた上で処方されるのです。

 

この点を考えると、漢方薬は素人が選ぶにはとても難しい薬といえます。

 

漢方薬も「薬」

漢方薬は、広く市販されていて、だれでも服用することは可能です。

 

しかし、なんとなくのイメージだけで漢方薬を服用すると、思いもよらない副作用などが出ることもあり得るのです。

 

便秘に効く漢方薬も、例に漏れません。

 

漢方薬を使う際には、やはり「薬」ということを十分認識した上で、イメージだけで安易に服用しないように注意したいものです。

 

 

漢方薬より体にやさしいのはコチラ ⇒ 

 

 

スポンサードリンク